西播設計ロゴ
 

建造物や土地条件に対応し、正確・迅速に測る!

土木技術の日進月歩に伴い、測量技術についてもその精密性、迅速性がさらに要求されるようになっています。
弊社では、長年にわたる測量技術の蓄積と最新の測量機器をそろえ、経験豊富な技術者のもとに多様化する要求にも確実な成果を提供いたします。

◎基準点測量
近年では、高い精度を要する測量にはGNSS測量を用いることが主流になっています。
不動産登記法では、原則として世界測地系座標を用いて登記図面を作成することが求められており、GNSSを使って正確に世界測地系の基準点を設置しています。
また、GNSSを活用した新しい測量で「RTK法測量」、「ネットワーク型RTK法測量」があり、リアルタイムに基線解析・補間処理を行い、その場で移動局の位置を求められる測量です。
基準点測量
このページのトップに戻る矢印
◎路線測量
路線測量は建設工事のための測量では重要となり、中心線測量、仮BM設置測量、縦断測量、横断測量があります。
中心線測量は文字通り計画の中心を現地に明示することであり、仮BM設置測量は標高の基準を決定する作業です。 縦断測量および横断測量は、縦方向または横方向の断面を測量図化することです。
最新の機器を使用し、精度の確保、作業の迅速化を行っています。
路線測量
このページのトップに戻る矢印
◎用地測量
用地測量の工程には、法務局等調査、境界確認、境界測量、面積計算、図面作成があります。
境界測量を行うことにより、隣接者との境界が明確になるとともに、法務局に登記してある面積との相違もわかります。
用地測量
このページのトップに戻る矢印
◎深浅測量
深浅測量は、海・河川・池沼等の水深を測定し、水底の地形や地盤の高さを求める測量です。
主に音響測深器を用い、港湾等の浚渫や水中の構造物などの設計・計画に必要な測量を行います。
深浅測量
このページのトップに戻る矢印
◎流量観測
流量観測は、河川を横断上で細かくピッチ分けし、そのピッチごとの断面積と区間での流速を流速計を用いて測り、流量を求める方法です。
流量とは単位時間に河川のある横断面を流下する水量のことをいい、河川計画の立案や洪水予報等の河川管理に必要なデータとなるため、長年にわたる通年の流量変化を知る必要があります。
流量測量
このページのトップに戻る矢印
◎交通量調査
渋滞解消・信号現示・交通規制・新設道路・大型店舗等を計画・検討する際には自動車および歩行者の交通量は重要なデータとなります。 交通量調査
このページのトップに戻る矢印

 

Copyright© 2018 Seiban-Sekkei.co.jp  All rights reserved 西播設計ロゴ